活動報告

今年もこの時がやって参りました。
日本人のDNAが騒ぎ出す、新米の季節です!

 

皆様に応援いただいているRICE475も無事に収穫を迎えることができました。
感謝と収穫を祝いまして、今年も収穫祭ツアーを開催致します!

img-peripheral04

田植えに引き続き、魚沼の銘酒「八海山」が運営する「魚沼の里」との共同企画です!
新米とともに魚沼の食を堪能して戴きたいと思います。

kome

RICE475(新米)ぬか釜ご飯の食べ放題!
地元の方々による飲食ブースもあり、秋の味覚満載☆
もちろん八海山のビールやお酒もご用意しています!
☆お子様に大人気の八海山の甘酒もございます☆

 

さらに、収穫の喜びを味わって戴きたいと、畑での収穫体験もご用意しております!
(ちょうど秋野菜までの端境期の為、収穫できる野菜は直前まで未定になります)

 

さらにさらに、八海山から発酵のプロフェッショナルをお招きし、三五八漬け床仕込みのワークショップも開催します!
三五八漬けとは東北地方に伝わる麹漬けです。
この漬け床さえあれば、ご自宅でお漬物をお楽しみ頂けます。
秋に収穫された野菜を保存&熟成させて冬にも美味しく食べられる、雪国に伝わる発酵食文化を是非ご体験下さい!
(漬け床の完成まで1ヶ月程かかりますので、仕込んだ床をお持ち帰り戴く形になります。)

今年の新米の出来はいかに? 新米で乾杯しましょう!!!

 

IMG_0019

★★★★★イベント概要★★★★★
■日時:10月10日(土) ※荒天の場合は中止
■開催場所:新潟県県南魚沼市長森「魚沼の里」
交通のご案内はコチラ→ http://www.uonuma-no-sato.jp/access
■参加費:
【日帰りバスツアー】※練馬駅発着
大人7,000円
子供3,000円(中学生以下)
子供1,000円(未就学児)
参加費に含まれるもの:交通費、農業体験費、ワークショップ参加費、保険代

*今回、ぬか釜ご飯のみ無料で食べ放題となりますが、その他のおかずやドリンクは飲食ブースで各自お好みのものを実費清算にてご購入戴くかたちになりますので、ご了承下さいませ。

定員:限定20名(応募多数の場合は抽選とさせて頂きます。)
*魚沼の里では、新米の振る舞いと飲食ブースは一般開放しておりますので、現地集合でも参加費無料でお楽しみ戴けます。
(現地集合の場合、ワークショップはご参加戴けません)

■お申し込み方法:
お申し込みフォーム: https://goo.gl/XtwqMI よりお申し込み下さい。ご応募多数の場合は抽選をさせて頂き、結果をご連絡致します。
※受信ドメイン指定をされている方は「rebirth-project.jp」から受けられるように設定をお願いいたします。

その後、当日の集合場所・持ち物などの詳細を担当者よりメールにてご連絡致します。
ご不明な点がございましたら、「omusubi@rebirth-project.jp」までご連絡下さい。

■主催 REBIRTH PROJECT(http://www.rebirth-project.jp/
■共催 魚沼の里(http://www.uonuma-no-sato.jp
■協力 NPO法人アースロア(http://earthlore.jp/post/earthlore/

「魚沼の里」とは (http://www.uonuma-no-sato.jp
魚沼の暮らしや雪国の文化を通じて”郷愁とやすらぎ”を感じていただきたいとの想いから、「魚沼の里」が誕生しました。
霊 峰・八海山を望むのどかな田園風景が広がる里山に、カフェ、売店、キッチン雑貨店等を併設した「雪室」、「そば屋 長森」、「うどん屋 武火文火」、菓子処「さとや」、「つつみや 八蔵」など、心安らぐスポットが点在しています。
郷愁を誘う美しい四季の彩りとともに、素顔の魚沼との出会いをお楽しみ戴けます。

■行程:
08:00 練馬駅発(バス)
11:00 畑着 収穫体験
12:00 魚沼の里 着
12:00 昼食
13:30 ワークショップ
14:00 フリータイム(魚沼の里内散策やお土産タイム)
15:30 魚沼の里出発
18:30 練馬駅着予定
※天候や交通状況により、変更になる可能性があります。

Comment

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. à®…à®±ிவான விளக்கம் சொல்பவர்க்கு அநாமதேயங்கள் பட்டமளிப்பதுதான் à®;®´3015;டிக்க&#3016µ.தமிà®#ாண்à&Ÿு என்à®±ு சொல்லப்படுவதில் தமிà®´ிà®°ுக்கிறதா?அந்த ஆண்டுகள் பிறந்த கதைதானேய்யா அசிà®™்கமுà®®் à®®ுட்டாள் தனமுà®®்.அதைச் சொன்னால் எங்கே எரிகிறது?கட்டாயம் படித்த தமிà®´à®°்கள் சிந்தித்து பல தமிà®´à®±ிஞர்கள் ஆராய்ந்து சொன்ன தை à®®ுதலே தமிà®´à®°் புத்தாண்டாய்க் கொண்டாட வேண்டுà®®்.

  2. I just could not depart your website before suggesting that I actually enjoyed the standard info a person provide for your visitors? Is going to be back often to check up on new posts